加齢臭の気になるニオイとは!?

人は他人のニオイに敏感です!

加齢臭を気にする男性のイメージ

お父さんやご主人のニオイ、大丈夫ですか?

 

自分にとって身近な人が、家の外で、体臭などのニオイがもとで知らないうちにトラブルを起こしているとしたら・・・
かわいそうで気の毒になってしまいます。

 

人は自分のニオイについて無自覚でいることがあります。
もしも、ご家族の中で臭っている人が無自覚な場合、身内であるあなたからやさしく伝えてみてはいかがでしょうか?

 

ところで、カラダから発せられるニオイの中で、年齢とともに心配になってくる「加齢臭」とはどのようなニオイなのでしょうか?
ここでは「加齢臭」のニオイについてご紹介します。

 

加齢臭はケアするアイテムもいろいろありますから、やさしく勧めてみてはどうでしょう。

 

 

 

 

加齢臭はカラダの皮膚上に分泌される皮脂が酸化することで発生するニオイです。
皮脂の分泌自体は若い人も年配の人もおこなわれていますが、加齢臭は 40歳以降に出はじめます。

 

そのニオイは、次のように例えられています。

  • 枯草のようなニオイ
  • 脂くさくて青くさいニオイ
  • 古いポマードのようなニオイ
  • 青くさいチーズのようなニオイ
  • 古い本のようなニオイ

あなたの身近な人からこのようなニオイを感じたら、加齢臭のケアのはじめ時です。

 

もしもご自身のニオイが気になるなら、「もしかして臭ってる?」と人に聞くのも良いと思いますが、脱いだシャツのニオイを嗅いでみるのもいいと思います。
加齢臭は背中やカラダの体幹部を中心に臭うので、シャツなどの衣類にニオイが移っている場合が多いからです。

加齢臭がにおうしくみについてはコチラ

 

 

  • 加齢臭は枯草や青くさいチーズのニオイなどに例えられる

加齢臭対策には、ニオイの原因「ノネナール」をケアしましょう。
それには「柿渋」入りの石けんなどがおすすめです。

 

加齢臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top