加齢臭とストレスの関係

現代人に深い関係のあるストレスが加齢臭にも影響するの?

加齢臭とストレスの関係イメージ

 

ストレスを溜め込んでいませんか?

 

わたしたちが生活しているなかで、何らかのカラチでストレスを感じていることと思います。

  • 職場や学校の人間関係
  • 努力が報われていないと感じる状況
  • 体臭などの悩み
  • 車を運転しているときの渋滞
  • 過度のノルマに対するプレッシャー

上手にストレスを感じるような状況と付き合ったり、溜まったストレスを発散できているとよいのですが、溜め込むばかりでは苦しくなってしまいます。
ご自分にあったストレス解消法を見つけたり、できることならストレスの原因を解消したり、必要ならば自分の置かれている状況を変える選択も必要になるかもしれません。

 

実は「ストレス」は、加齢臭にも影響を及ぼす要素を持っています。
どういうことなのかみていきましょう。

 

 

 

 

不思議なことにストレスは、「こころ」だけでなく「カラダ」にも影響します。
ストレスを感じていると、カラダの中の「活性酸素」が増えるのです。

 

活性酸素」は適量ならカラダに必要な働きをしますが、過剰に発生するとカラダを酸化させて老化現象や病気などの要因となってしまいます。
この「活性酸素」がカラダの中で大量に発生すると「過酸化脂質」が増えます。

 

加齢臭との関係性

加齢臭のニオイ物質である「ノネナール」は、「脂肪酸(パルミトレイン酸)」と「過酸化脂質」が反応することで酸化・分解されて作られます。

 

ストレスを溜め込んでいくと「活性酸素」が増加して、結果として加齢臭の発生にかかわる「過酸化脂質」も増加します。
加齢臭の原因が増えてしまうわけです。

 

 

  • ストレスによって「ノネナール」生成に関係する「過酸化脂質」が増加する。

ストレスが加齢臭にも影響しているということがわかりました。
そこで、ストレスを上手に発散していくことが重要になります。
他の対策としては、「活性酸素」を減らすような食事を心がげることができます。
いわゆる「抗酸化物質」を含んだ食材を摂取するのです。

 

加齢臭対策によい食材についてはコチラ

 

加齢臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top