加齢臭のニオイが強くなる年齢とは!?

年齢に関係なくカラダは臭うのも!?

シャツに付いた加齢臭が臭うイメージ

 

加齢臭に限らずカラダとニオイには密接な関係にあります。

 

汗や皮脂、そして皮膚の常在菌などにより、カラダの表面は臭う要素が整いやすいと言えます。

 

若いころは汗のツンとしたニオイが悩みのタネで、大人になると脂っぽいニオイが加わったり、30代になるとミドル脂臭、そして加齢臭へと移り変わって、気がつくと人生の大半はカラダのニオイとの格闘のような気がします。
学校に上がる前の子供でも、足のニオイが強かったりするのです。

 

そのようなカラダのニオイのうち、加齢臭は何歳くらいから臭いだして、本格化するのはいつ頃からなのでしょうか?
ここでは加齢臭のニオイの移り変わりについてみていきましょう。

 

 

 

 

加齢臭が臭うイメージ

当サイトでは、加齢臭をそのニオイの原因によって 2つに分けて考えています。

  1. 30代の加齢臭
  2. 加齢臭

ひとつめは「30代の加齢臭」です。
30代の加齢臭の発見は、歯磨きや石けんなどでもおなじみのライオンの研究によるものです。

 

30代の加齢臭に対する研究が始まったころにはでに、資生堂によって加齢臭の存在が明らかにされていました。
ところが、加齢臭の一種であることには違いがないのに、別のニオイの存在に気がついたというのがキッカケです。

 

加齢臭のニオイ物質は「ノネナール」というもので、そのニオイは次のように例えられています。

  • 「ロウソクのようなニオイ」
  • 「青臭いチーズのようなニオイ」

それに対して、30代の加齢臭のニオイ物質は「ぺラルゴン酸」で、そのニオイは次のように例えられています。

  • 「古くなった食用脂のようなニオイ」

結論をお伝えすると、

加齢臭は「ぺラルゴン酸」によるニオイが30代、そして 40代になると「ノネナール」というように移り変わっていきます。
そして加齢臭が本格化するのが 50代からということになります。

 

 

  • 30代は「ぺラルゴン酸」による加齢臭
  • 40代以降は「ノネナール」による加齢臭
  • 加齢臭が本格化するのは 50代になってから

加齢臭には 2種類あるというのは以外だったかもしれません。

 

ですが研究により、「ぺラルゴン酸」や「ノネナール」のニオイをケアする物質も明らかになっています。
「ぺラルゴン酸」には「メマツヨイグサ(月見草)」からの抽出成分が、「ノネナール」には「柿渋エキス」が有効です。

 

”何でもいいから、とにかくカラダを洗えばいい ”というのではなく、加齢臭のケア商品を購入する際には、石けんやボディソープなどの成分を確認しながら選ぶことをおすすめします。

 

ニオイのケア具合に差が出ますよ。

 

加齢臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top