加齢臭が臭うのはカラダのどの部分からか?

加齢臭を知って効果的にケアしよう!

シャツが加齢臭でにおうイメージ

 

加齢臭はカラダのどこからニオっていているのでしょうか?

 

加齢臭ケアをするには是非とも押さえておきたいポイントです。

 

加齢臭が発生するしくみについては別の章でお伝えしました。
そこでわかったことは、加齢臭には「皮脂」が関係しているということ。
この「皮脂」からニオイの元である「ノネナール」が生まれてくるのです。

 

加齢臭と皮脂の関係・・・
そして加齢臭の発生するカラダの部位について詳しくみていきましょう。

 

加齢臭の発生のしくみについて知りたい方はコチラ

 

 

 

 

加齢臭のニオイ物質「ノネナール」は皮脂から生まれるわけですが、だからといって、皮脂は不要な存在ではありません。
皮脂は汗と混じって肌表面に広がって、肌の水分が逃げないように保湿したり、肌を保護するはたらきがあります。

 

皮脂はカラダのいろいろな部分から分泌されています。
皮脂は「皮脂腺」という器官から分泌されます。
「皮脂腺」は、手のひらや足のウラを除いた毛のある部分ならどこにでもあります。

 

ほぼ全身に存在している皮脂腺ですが、カラダに均等に分布しているわけではありません。
カラダの部位を皮脂腺の多い順でみると次のようになります。

頭 > 顔 > 胸 > 背中 > 手・脚

そのうち「加齢臭」の発生が目立つのは、「胸」・「背中」といったカラダの体幹部です。

 

「お父さんのシャツと一緒に洗濯したくない!」
などという拒否反応がでるのは、こういったことからもうなずけます。

 

加齢臭は高齢者特有のニオイで万人に好まれる香りではありませんが、ニオイを落とせないほど頑固なものではありません。
加齢臭対応の石けんを使用して、「胸」や「背中」といった体幹部を中心にケアしていきましょう。
日中のケアも、ボディシート等で体幹部をこまめに拭くのもおすすめです。

 

ここでは詳述しませんが、加齢臭には「食生活」や「生活習慣」なども影響します。
加齢臭をトータルにケアするには、こういったことにも気を配る必要が出てきます。

 

 

  • 加齢臭と皮脂は非常に関係がある。
  • 皮脂腺はカラダ中に存在しているが、均等に分布しているわけではない。
  • 加齢臭は、「胸」や「背中」といったカラダの体幹部から発生する。

 

加齢臭がにおうカラダの部位をしっかりと認識してケアしていきましょう。

 

加齢臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top