ミドル脂臭とはどんな臭いなのか?

男の臭いは複雑!?

ミドル脂臭が臭うのは後頭部周辺

臭いのケアはできていますか?

 

年齢を重ねると心配になってくることのひとつが「カラダの臭い」です。
もちろん、若いころにもカラダの臭いは気になるものですが、ニオイの質が違ってくるのです。

 

実は、男性の 30〜40代には 3つの臭いが関係してきます。
ひとつは「30代の加齢臭」、もうひとつは「加齢臭」、3つめは「ミドル脂臭(ししゅう)」です。

 

「30代の加齢臭」というのは、ニオイの原因物質「ぺラルゴン酸」による加齢臭のことで、いわゆる「加齢臭」とはニオイの原因もニオイの種類も異なるものです。
加齢臭は「ぺラルゴン酸」による臭いから「ノネナール」へと移り変わっていきます。
「ノネナール」による加齢臭は40代以降発生して、本格化するのが 50代以降です。
「30代の加齢臭」は加齢臭の前の段階の臭いです。

 

一方、「ミドル脂臭」の原因物質は「ジアセチル」です。
「ジアセチル」は 30代後半から 40代後半が発生のピークです。

 

「30代の加齢臭」・「加齢臭」と「ミドル脂臭」は発生する年代が重なっている傾向があるのです。

 

ここでは特に「ミドル脂臭」がどんな臭いなのかをご紹介していきます。

 

加齢臭がどのような臭いかについてはコチラ

 

 

 

 

ミドル脂臭が臭うイメージ

ミドル脂臭はどんな臭いなのでしょうか?

 

ニオイ物質「ジアセチル」を特定し、”ミドル脂臭 ”を命名したマンダムによると、次のニオイに例えられています。

  • 使い古した油のようなニオイ

このミドル脂臭は、後頭部や頭頂部、うなじを中心に臭いを発します。

 

マンダムの研究によって、ニオイ物質である「ジアセチル」が作り出される過程も明らかになっています。

  1. 皮膚の常在菌が汗に含まれている「乳酸」を取りこみ・代謝する
  2. 乳酸が「ピルビン酸」に変化
  3. さらに「アセトイン」に変化
  4. 「ジアセチル」へ

「ジアセチル」の発生を抑制するには、「カンゾウ」や「ケイヒ」などの植物エキスが効果的です。

 

ミドル脂臭発生のしくみについてはコチラ

 

 

  • ミドル脂臭は使い古した油のようなニオイ

ミドル脂臭の発生部位を考えると、ミドル脂臭のケアにはシャンプーが重要となります。

 

シャンプーには「カンゾウ」や「ケイヒ」などの植物エキスが配合されているものがおすすめです。

 

ミドル脂臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top