30代の加齢臭、その臭いとは!?

加齢臭の前にもうひとつの加齢臭が・・・30代の加齢臭とは何か?

30代の加齢臭が臭うイメージ

40歳を過ぎたころから出はじめる「ノネナール」。
加齢臭のニオイのもととしてご存知の方も多いことと思います。
「ノネナール」による加齢臭が本格的化するのは、50歳を過ぎてから。

 

でもその前に、「ノネナール」が原因ではない加齢臭が存在していることをご存知ですか?

 

当サイトでは、「ぺラルゴン酸」が原因のもうひとつの加齢臭を「30代の加齢臭」と呼んでいます。

 

加齢臭の原因物質は、30代の「ぺラルゴン酸」から40代以降は「ノネナール」へと変化していくのです。

 

「ノネナール」が原因の加齢臭とは全く異なる別のニオイがする「30代の加齢臭」。
ここでは、その気になるニオイについてご紹介します。

 

30代の加齢臭の発生のしくみについてはコチラ

 

 

 

職場で30代の加齢臭が臭うイメージ

 

30代の加齢臭のニオイの原因である「ぺラルゴン酸」は、ノネナールと同じく皮脂の酸化によって発生します。
ところがそのニオイはノネナールとは別物です。

30代の加齢臭は ”使い古した植物油のニオイ ”に例えられます。

 

それに対して加齢臭は、”青くさいチーズ ””枯草 ””古くなった本 ”のようなニオイに例えられます。

 

ニオイの種類を見ても、30代の加齢臭といわゆる加齢臭では違っていることがわかります。

 

原因となるニオイ物質が異なっているので、ニオイをケアする際の石けん・ボディソープ選びも注意が必要です。

 

「ぺラルゴン酸」のケアには、「メマツヨイグサ」という植物から抽出した成分が有効です。
メマツヨイグサの別名は「月見草」です。こちらの呼び名の方が馴染みがあるかもしれません。

 

 

  • ”使い古した植物油のニオイ ”が 30代の加齢臭

30代の加齢臭のニオイの対策には「メマツヨイグサ」抽出エキス配合の石けん・ボディソープがおすすめです。
30代の加齢臭のニオイ物質を明らかにしたライオンの製品には、「メマツヨイグサ」抽出液が保湿成分として配合されているボディソープがあります。

 

きちんとケアしてニオイを気にせず過ごせるようになりたいですね。

 

30代の加齢臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top