30代の加齢のお悩みとおすすめケア方法

30代の加齢臭とは何か?

30代の加齢が臭っているイメージ

 

加齢臭の原因は「ノネナール」と呼ばれるニオイ物質です。
ミドル世代になってから、体臭が気になりだす男性は少なくありません。
そのような加齢によって生じる体臭の代表的なものといえば「加齢臭」でしょう。

 

「加齢臭」については、多くの世代で男女を問わずに知っている言葉だと言えると思います。
” そうか、俺もとうとう加齢臭が始まったか… ” と感じて、加齢臭対策をされているかたもいるのではないでしょうか。

 

でも、ちょっと待ってください!
もしかしたら、こんなことを感じていませんか?

 

「加齢臭だと思っていろいろ試したけれど改善された気がしない…」

 

それはもしかすると、臭いの原因が「ノネナール」すなわち「加齢臭」ではないのかもしれません。
ここでは仮に「30代の加齢臭」と名付けたもうひとつの加齢臭について、その発生のしくみや対策をご紹介します。

 

この30代の加齢臭の原因物質は「ペラルゴン酸です。
加齢臭は、30代の「ぺラルゴン酸」による臭いから、40代以降の「ノネナール」による臭いへと移っていくのです。

 

 

 

 

30代の加齢臭発生のメカニズム

職場での30代の加齢に対する不安

 

30代の加齢臭は ”使い古した植物油のニオイ ”に例えられます。
その原因は「ぺラルゴン酸」であることは前述しました。

 

脂肪酸の一種である「ぺラルゴン酸」は、加齢臭と同じように皮脂の酸化が関係していますが、「ノネナール」とは全然違う臭いです。

「ペラルゴン酸」は、皮脂腺の多い胸、首周り、背中等の皮脂腺から分泌される皮脂の一部が酸化して発生すると考えられています。

30代は皮脂の分泌が多い時期です。
そのため30代の加齢臭を抑えるには、分泌される皮脂のケアも大切なのです。

ページTOPに戻る

 

30代の加齢臭にまつわるエピソード

加齢臭には「ノネナール」以外にもニオイ物質があることを発見したのは洗剤などで有名なライオンです。
ライオンの研究員の方が、30代になった自分の体臭に違和感を感じたことからその解明がスタートしました。
一種の加齢臭ではあるけれど、「ノネナール」ではない別の物質の特定には苦労があったようです。
そのおかげで「ぺラルゴン酸」のことがわかり、それを抑制する成分まで突き止められました。

ページTOPに戻る

 

30代の加齢臭の原因物質「ぺラルゴン酸」に有効な成分とは?

メマツヨイグサ(月見草)

 

30代の加齢臭のニオイ物質である「ぺラルゴン酸」を抑える成分とは、「メマツヨイグサ」という植物からの抽出成分です。
メマツヨイグサには他の呼び方があって、そちらの方が耳に馴染んでいるのではないでしょうか。
その別名とは、「月見草」、「宵待草(ヨイマチグサ)」です。

 

メマツヨイグサの種子から抽出される成分が、「ぺラルゴン酸」を抑えるのに有効なのです。

 

30代の加齢臭対策には、「メマツヨイグサ」が配合されているボディーソープを選びましょう。

ページTOPに戻る

 

PRO TEC 薬用デオドラントソープ

30代の加齢臭のニオイ物質「ペラルゴン酸」対策に有効な【メマツヨイグサ抽出液(保湿成分)】だけでなく、イソプロピルメチルフェノールも配合されていて、ニオイの原因菌を殺菌して長時間体のニオイの発生を防いでくれます。

  • 1,121円(税込)
  • 送料無料

30代の加齢臭ケアおすすめボディソープです。

 

PRO TEC 薬用デオドラントソープ購入はコチラボタン

 

「PRO TEC 薬用デオドラントソープ」を使用した感想はコチラ

ページTOPに戻る

 

まとめ

バスルームのイメージ

  • ぺラルゴン酸によって臭う30代の加齢臭の対策としては、「メマツヨイグサ」の成分が配合されているボディソープでカラダを洗うのがおすすめです

日中のケアとしては、皮脂腺の多い胸、首周り、背中等から分泌される皮脂をボディシート等拭き取ってキレイに保つのがいいでしょう。

 

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top