汗臭いかもと思った男性のとるべき対応

気がついたら自分からツンとしたニオイが・・・

汗をかくビジネスマン

学校や職場で、周囲の人に ”汗臭い ”と思われていたとしたら・・・
そもそも人は他人のニオイに敏感です。
気になるニオイのもとが ”自分かも知れない ”と思いはじめたら、心苦しくさえなりそうです。
すぐにでも何とかしたい気持ちになりますよね。

 

自分に汗臭を感じたら、早速ケアをはじめましょう。

 

 

 

 

汗をかくイメージ

 

ヒトの皮膚には汗腺と呼ばれる器官があって、汗はそこから出てきます。
汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の 2種類あります。

 

エクリン腺

エクリン腺はカラダに広く分布しています。
エクリン腺から出る汗は、その成分のほとんどが水です。
そのためニオイはありません。
エクリン腺はおもに体温を調節する役割を担っています。

 

アポクリン腺

アポクリン腺はワキの下や乳首、性器のあたりといった限られた部分に分布しています。
アポクリン腺から出る汗は、糖質、脂質、タンパク質、アンモニアといったニオイにつながる成分が多く含まれていて、色は白く濁っています。

 

汗は皮膚上に分泌され、皮脂と混じり皮脂膜を作って皮膚を保護したり、蒸発する際に熱を奪って体温を下げるなどの体温調節するなどの働きをします。
汗は悪者どころか、わたしたちにとって大切な存在なのです。

とはいっても、その汗が臭いを発してしまうのは困ってしまいます。
ヒトは汗の分泌を自分の意志で制御することはできないといってもいいでしょう。

 

汗が臭うのには汗のほかに次のような存在が関係してきます。

  • 皮脂
  • 皮膚常在菌

次に、汗がどうして臭くなってしまうのかをみてみましょう。

 

 

デオドラントシートの使用

汗をかくことで体温調節や皮膚の保護がなされていることはわかりました。
ですが、汗が臭くなるのは放置できません。
汗は通常、無味無臭のはずなのに、どうして臭くなってしまうのでしょうか?

 

エクリン腺から出た汗は、皮膚の表面で皮脂や古くなった角質(垢)などと混じります。
これを皮膚の常在菌が代謝・分解することでニオイが発生します。

そのニオイを表現すると次のようになります。

  • 酸っぱいニオイ
  • 雑巾のようなニオイ

 

もう一方のアポクリン腺から出た汗も皮膚の常在菌に分解されてニオイを発生します。
それが「ワキガ臭」です。
こちらはいわゆる汗臭とは別のニオイです。

 

ワキガ臭の発生するしくみについてはコチラ

 

バスルームのイメージ

汗臭をケアするには、次ような方法が考えられます。

  • デオドラント作用のある石けんやボディソープで毎日カラダを洗う
  • 日中もこまめにケアをする
  •  ・汗を拭き取る
     ・皮脂を拭き取る
     → 水を含ませて絞ったタオルやデオドラント・ボディシート等で拭く。

  • 汗がでるのを抑える
  •  → 制汗剤を使用する。

  • 衣類を選択する際に抗菌作用のある洗剤を使用する

 

おすすめなのは、毎日のように行うケアを汗臭対策用に変えてみることです。
毎日のバスタイムでカラダを洗うなら、デオドラント作用のあるボディソープなどで洗うのがいいでしょう。
毎日のお洗濯でも、抗菌作用のある洗剤を使ってみるといいでしょう。

 

日中、汗をかいたときに使用するのも乾いたタオルを使い続けるよりも、デオドラント・ボディーシートを使うことをおすすめします。
タオルも最初はよいのですが、同じタオルで何度も汗を拭いていると、拭き取った汗や菌を肌につけてしまうかもしれないからです。
タオルを使用するにしても、拭くたびに水洗いして清潔に保てるなら良いと思います。

 

日頃、すでに行なっているケアを少し見直して、汗臭対策を強化してみてはいかがでしょうか?

 

 

  • 汗にはカラダを維持するために大切な役割がある。
  • 汗が臭う仕組みを理解して、適切にケアしましょう。

汗の臭いをケアすることで、混雑している電車・バス、エレベータの中、狭い部屋でのミーティングなども心をすり減らさずに乗り切りましょう。

 

汗臭対策アイテムはコチラボタン

 

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top