汗の種類について

汗はどんなときにかいているか振り返ってみよう!

汗をかくビジネスマン

汗といえば、 ”蒸し暑い ” とか ”汗臭い ” という言葉がすぐにも浮かんできそうですね。

 

暑いときはもちろんですが、カラダを動かしたときやスポーツ観戦で興奮したときなどにも汗はかきます。

 

ここでは ”汗はカラダのどこから出てくるのか? ””どんなときに汗をかくのか? ”についてご紹介します。
汗臭ケアの基礎知識として理解しておきましょう。

 

 

 

 

汗腺のイメージ

 

汗は「汗腺」という器官から分泌されます。
汗腺には 2種類あります。
「エクリン腺」と「アポクリン腺」です。

 

エクリン腺

エクリン腺は全身に広く分布しています。
エクリン腺の数には個人差がありますが、全身の皮膚に平均で 350万個も存在しています。
エクリン腺から分泌される汗はサラッとしていて、ニオイはほとんどありません
成分の 99%以上が水分で、わずかに塩分や尿素、アンモニアといった成分が混じっています。
エクリン腺から汗が出ると、皮膚は酸性に傾きます。
皮膚が酸性の方が皮膚の常在菌は繁殖しにくい状態になります。

エクリン腺の中には活動していないものもあります。
活動しているエクリン腺は半分程度とか。
ちなみに、活動しているエクリン腺の数は、生まれてから約 3年間に過ごした環境によって左右されるようです。

エクリン腺からの汗は、体温調節に大きくかかわっています。

 

アポクリン腺

アポクリン腺はカラダの限られた部分に分布しています。
脇の下、おへその周り、耳の外耳道、乳首の乳輪、性器・肛門の周りなど。

 

アポクリン腺の出口は毛穴と共有しています。
アポクリン腺から分泌される汗は、やや粘り気のある、乳白色の汗です。
タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、ピルビン酸、色素リポフスチン、鉄分などが含まれています。

 

ワキガ臭はアポクリン腺からの汗がもとになって臭います。

 

 

汗をかくシチュエーションを考えると、次のようなことが連想されます。

  1. 暑いときや運動して体温が上昇したとき
  2. 緊張したときや驚いたとき
  3. 香辛料などで辛く味付けられた食べ物を食べたとき

 

@温熱性発汗:暑いときや運動して体温が上昇したとき

温熱性発汗のイメージ

 

体温を調節し、37℃前後に保つために、手のひらや足のうらを除いた全身から出る汗です。
エクリン腺から分泌されます。

 

 

A精神性発汗:緊張したときや驚いたとき

精神性発汗のイメージ

 

緊張やストレスなど精神的な要因をきっかけに出る汗です。
手のひらや足のうら、脇の下などの限られた部位から汗が出ます。
エクリン腺、アポクリン腺から分泌されます。

 

 

B味覚性発汗:香辛料などで辛く味付けられた食べ物を食べたとき

味覚性発汗のイメージ

味覚が刺激されることによって反射的に出る汗です。
テレビ番組で芸能人の方が激辛の料理にチャレンジして、大汗をかいているのを見かけたりします。
実はこの汗、辛いものだけでなく、熱いもの、酸っぱいものを食べても出る汗です。
この汗をかくのは、額、首、唇の周り、鼻などです。
この汗はエクリン腺からの分泌されます。

 

 

  • 汗を出す汗腺は「エクリン腺」と「アポクリン腺」の 2種類あり
  • 発汗には、温熱性発汗、精神性発汗、味覚性発汗の 3種類あり

汗は体温の調節などで重要な役割を持っています。
上手にケアして汗臭を防ぎましょう。

 

汗臭対策アイテムはコチラボタン

 

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top