汗の臭いが気になる人は汗腺の機能を高めよう!

汗の質は改善できるのか!?

 

汗をかくとニオイが気になって困ってるんだ・・・


 

 

お父さん、少しは運動して汗を流した方がいいわよ!


 

 

”汗臭い ” のと ”運動 ”って関係あるのかい?


 

 

私も汗をかくとニオイが気になっていたけど・・・
運動をはじめてから、汗が「サラサラ」してきた感じがするわよ。
ニオイも前より気にならなくなったみたい。


 

適度に運動をされている方の汗は「サラサラ」しているといったような話をお聞きになったことはありませんか?
その反対に、汗をかいても「ベタベタ」している感じがして、不快感を持たれる方もいらっしゃることでしょう。

 

いわゆる「良い汗」と「悪い汗」の違いとは何なのでしょうか。
そこにはニオイの違いはあるのでしょうか。

 

ここでは「汗腺」にまつわるお話をご紹介します。

 

 

 

 

血液のイメージ

 

汗は「汗腺」を通じて皮膚の表面に分泌されます。
意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、皮膚の表面に出て間もない汗は臭いません。
基本的に、汗が不快な臭いを発するのは、汗をエサとする菌が分解・代謝することによるのです。

 

では、汗の原料は何なのでしょうか?
その答えは「血液」です。

 

汗を出す器官である「汗腺」には分泌部と呼ばれる部分があり、「血漿(けっしょう)」という汗のもとをつくる働きがあります。
「血漿(けっしょう)」とは、血液から赤血球などを除いた液体です。
血漿にはカラダにとって重要なミネラルなどの成分が含まれています。
ミネラルなどの成分が体外に大量に出てしまわないように、分泌部から皮膚表面に出るまでの過程でミネラル等は吸収されます。
汗腺のこの機能によって、成分の約 99%が水分の汗となるのです。
まさに汗腺でろ過されるイメージです。

 

ところが汗腺のろ過能力には限界があります。
ミネラルなどを十分にろ過でずになかった場合、余分な成分が残り、ネバネバしたニオイのでやすい汗となってしまいます。

 

いわゆる「良い汗」と「悪い汗」の違いとは、汗腺でろ過が十分になされたかどうかによって決まります。

 

良い汗

ミネラルなどの成分が十分にろ過された汗。
サラサラしていて、約 99%が水分の汗。

悪い汗

ミネラルなどの成分が十分にろ過されなかった汗。
ネバネバしていて、ニオイが発生しやすい汗。

以上のことから、「良い汗」は「悪い汗」に比べてニオイにくい汗であるといえます。

 

汗の種類についてはコチラ

 

汗腺を鍛えるために運動するイメージ

2種類ある汗腺のうち「エクリン腺」から出る汗は、わずかに塩分や尿素、アンモニアといった成分が含まれているものの、その成分のほとんどは「水分」です。
この約 99%が水分の汗には、基本的にニオイ物質は含まれていません。

 

汗をかくのなら、ニオイ物質があまり含まれていない「良い汗」をかきたいですよね。
実は、汗腺のろ過の働きはある程度鍛えることができます。

 

汗の臭いを気にしていると、汗そのものをかきたくない気持ちになりますが、「良い汗」をかけるようになるには汗をかく必要があります。
汗腺は適度に汗をかくことで鍛えられるのです。
そのためには適度な運動などを心がけることがおすすめです。

 

 

良い汗をかいたイメージ

  • 「良い汗」とはミネラルなどの成分が十分にろ過されたサラサラの汗
  • 汗腺のろ過の働きは適度な運動などで汗を流すことで鍛えることができる。

汗が臭いを発するのには、汗腺のろ過の働きのほかにも、皮脂の分泌量や菌なども影響していると思われます。
皮脂の分泌には食事も影響してくるため、生活習慣を見なおす必要も出てくるかもしれませんが、まずは「良い汗」をかけるように意識してみてはいかがでしょうか。

 

汗臭対策アイテムはコチラボタン

 

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top