服についた汗臭いニオイを無くする方法

汗臭いニオイは衣類にも残る

洗濯してもニオイがするワイシャツ

 

服が臭っていませんか?

 

きちんと洗濯しているから、下着や靴下を含む衣類が臭うはずがないと思われるかもしれません。
近ごろのテレビCMでは、”消臭機能 ”をアピールする洗剤や柔軟剤をみかけます。
ワイシャツやお洋服、下着、靴下などに、汗や体臭が移ってしまうことがあるのです。

 

ここでは、もしも普段のお洗濯で衣類のニオイが落としきれていない場合の対策をご紹介します。

 

 

 

 

洗濯してもニオイがする靴下

汗臭発生のしくみでは、汗が臭いを発するメカニズムについてご紹介しました。
簡単にお伝えすると、肌表面に出たばかりには無臭だった汗が、垢や皮脂などと混ざり菌によって分解されることでニオイを発するようになります。

 

もしもニオイを発生させる働きが、下着やワイシャツ、洋服といった衣類でも起こるとしたらどうでしょう。

 

肌と接している衣類に、汗や皮脂、菌がついてしまうことは容易に想像できると思います。
衣類の繊維の中で、菌が汗や皮脂などを分解してニオイを発生させるのです。

 

繊維の奥でニオイが発生していたら、通常の洗濯洗剤を使用したお洗濯では臭いを落としきれないことも考えられます。

 

 

洗濯中のイメージ

 

お洗濯をしているのに服のニオイがとれないと感じたら、次の方法を試してみるとよいでしょう。

 

対策@ 消臭機能のある洗濯洗剤

普段使用される洗濯用洗剤を「消臭機能」を備えたものに変えることで、お洋服などの汗臭いニオイを除去できる期待が高まります。
カラダのニオイが衣類に残る原因となるタンパク質の一種「ケラチン」を溶解する酵素を配合した製品や、いくつかの界面活性剤を配合した製品などがあります。

 

対策A 水蒸気をあてて加湿消臭

スーツやコートなどご家庭ではなかなか選択できない衣類には、加湿消臭もおすすめです。
衣類に染み込むニオイ分子は水に溶ける性質を持っているので、加湿することでニオイ分子が水蒸気に溶け込み、それを換気することでニオイがとれるというものです。
水蒸気をあてる前にブラッシングすると、より消臭効果が期待できます。
水蒸気をあてるには、スチームアイロンのスチームを利用したり、水蒸気を充満させたバスルームに衣類を吊るしてから乾かすといった方法があります。

スチームアイロンなどの水蒸気を利用する場合には、火傷などに十分お気をつけください。
また、プラスチックや金属などが用いられている衣類もありますので、変形・破損等のないよう適度な距離で水蒸気をあててください。

 

対策B 酸素系漂白剤

漂白剤には、塩素系と酸素系があります。

 

塩素系漂白剤は、台所の除菌などによく使用されます。
衣類を漂白する場合には色物には使用できません。

 

酸素系漂白剤は、過炭酸ナトリウムで漂白と除菌を行ないます。
ただし、使用する際にいくつかの注意点があります。

●水で洗うことのできない衣類には使用できません。
●ステンレス以外の金属と反応するため、金属(ボタンやファスナー)、金属染料が用いられている衣類には使用できません。
●絹や毛など、アルカリに弱いタンパク繊維には使用できません。
※そのほかにも製品の注意事項をよくご確認の上、ご使用ください。

 

 

服のニオイが取れて喜ぶイメージ

服の汗臭いニオイを落とすには、次のような対策があります。

  1. 消臭機能のある洗濯洗剤
  2. 水蒸気をあてて加湿消臭
  3. 酸素系漂白剤

 

下着やワイシャツ、洋服などについた汗臭いニオイはキレイにとり除きましょう。
最近では、衣類の消臭機能を謳った洗剤や漂白剤、家電などが多く見受けられます。
必要に応じてご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

汗臭対策アイテムはコチラボタン

 

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top