汗の匂いを消すために!

気になる汗の匂い、どうやって消すか・・・

ワキの汗を気にするイメージ

自分のカラダが臭うことで困るとしたら、ご自宅にいるときよりも外出時の方が圧倒的に多いことでしょう。

 

自宅にいるのなら、すぐにバスルームに行くこともできますし、人がいるとしても自分を理解してくれている人でしょうから、ドキドキしたりせずに済むことでしょう。
ところがひとたび外に出てしまうと、普段の生活の中には汗の匂いを意識してしまいそうなシチュエーションはたくさんあります。

  • 混んでいる電車やバスの中で・・・
  • 吊革につかまるときに・・・
  • 人と並んで歩くときに・・・
  • 狭い部屋でのゼミや会議で・・・
  • ランチや仕事上がりの食事で・・・
  • お子さんの学校行事で・・・

汗の匂いが気になりだしたときに、どのように汗臭を消すのかという対策を持っていることは重要です。
その一方で、
カラダの臭いの不安については、あらかじめ何らかの対策を取っておくこともないがしろにしたくないところです。
なぜなら、不安などの精神的な負担が減るからです。
緊張などの精神的な影響でも汗はかきますから、やはり予防重視がおすすめです。

 

ここでは、汗が出る前に行いたい対策と、外出時に汗が気になりだしたときにおすすめの対策をご紹介します。

 

 

 

 

制汗剤を使用するイメージ

 

制汗剤には、その名の通り汗がでるのを抑制することに重きを置いたものや、汗を臭わせる原因となる菌を殺菌するもの、その二つを兼ね備えたものなどがあります。

 

汗臭対策としては、次のどちらも重要です。

  1. 汗を抑える
  2. 菌の繁殖を抑制する

汗は肌に出たときには無臭なのですが、皮脂や垢などと混ざり菌に分解されることでニオイを発します。

 

そこで汗の匂い対策としては、汗の分泌そのものを少なくしたり、菌を除去するといった方法になるのです。
ケアの対象となるのは、やはり「ワキ」がメインになると思いますが、胸や背中なども意識したいところです。

 

 

カラダの匂いをケアするサプリメントも販売されています。
カラダの内側からケアするというのも大切です。

 

サプリメントの摂取なら手間もほとんどかからないので継続して取り組みやすそうです。

 

 

汗を気にするイメージ

人がカラダを動かすと汗はでてきます。
そんなとき、身に着けている衣類が汗の吸収性や速乾性に優れていたら、肌で汗が分解されて臭いだす前に生地が吸い取ってくれるのでニオイのケアにつながります。

 

気になるときには着替えを用意することもできます。

 

 

衣類にスプレーすることで、消臭機能を持たせることができる商品も販売されています。
カラダからでた臭いを、衣類がブロックしてくれるのです。

 

衣類に消臭機能が付加されたら、汗をかいても不安は少なく済みそうです。
臭いをブロックしてくれる下着や服を着ているのですから、守られている安心感もアップですね。

 

ボディシートで汗を拭くイメージ

汗をかいたあとの対策としては、ボディシートで拭き取るのがおすすめです。
お出掛け前の朝に制汗剤などでケアをしたとしても、汗をかくとお昼くらいには臭いだす可能性があります。

 

ボディシートを使用するのなら、汗や皮脂、菌を拭き取ることができて、殺菌もしてくれるものがいいでしょう。

 

ボディシートの中には、香りをつけてくれるものもありますので、お好みに合わせて選ばれたらよいでしょう。
お仕事中の男性でしたら、シトラス系の香りが仕事のジャマになりにくいでしょう。

 

ボディシートではなく、タオルを持ち歩かれていらっしゃる方も多いと思います。
乾いたタオルは何度か使用すると、前に拭き取った汚れや菌が肌についてしまう危険性があります。
タオルをご使用の際は、使う前に水洗いして硬めに絞ったキレイな状態で拭かれるとよいでしょう。

 

 

運動して汗をかいたイメージ

  • 汗の匂いを消すには、予防と臭ったあとの対策がある

一般的に知られている制汗剤だけでなく、サプリメントや衣類にかけるスプレーなどさまざまな汗臭ケア商品が登場しています。
汗の匂いを上手に消して、ニオイの不安をなくしましょう。

 

汗臭対策アイテムはコチラボタン

 

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top