足が臭いのは水虫の影響かもしれない!

水虫は痒みとニオイのダブルで辛い

足がかゆいイメージ

水虫を経験された方は、痒さや臭いの辛さがよく理解できることでしょう。

 

足の指と指の間がジュクジュクして痒くなったり、皮膚が剥がれたりすることもあったかもしれません。
足のうらに水泡ができて、歩いているうちに破れてしまい、その後破れた皮がパリパリになったりしたかもしれません。

 

さらには、足のニオイがきつくなったような感じがして、お座敷での食事などの靴を脱ぐ機会が憂うつに思われたかもしれません。

 

水虫にはニオイを伴うものとそうでないものがあります。
ここでは、ニオイを伴う可能性のある水虫を中心に取り扱っていきます。

 

水虫がしっかりとケアできると、足のニオイの悩みもひとつクリアできそうですね。

 

 

 

 

足のジメジメを気にするイメージ

水虫は「白癬菌」というカビの一種が、皮膚に感染しておこります。
白癬菌にはニオイはありません。
では、そうして水虫で足が臭うようになるのでしょうか?

 

それは、水虫になり皮膚の抵抗力が弱くなると、雑菌が繁殖しやすい状況になるからです。
雑菌が増えることが、足のニオイに関係してくるのです。

 

足の水虫はおもに 4つのタイプがあります。
そのなかで、足のニオイに関係するのは「趾間型(しかんがた)」と呼ばれる水虫です。

 

水虫の種類 臭う可能性 症状の特徴

趾間型

(しかんがた)

足の指のつけ根や、指と指の間にできます。
皮膚がふやけて剥けたりします。
痒みを伴います。
雑菌が増殖すると強いニオイを発します。

小水疱型

(しょうすいほうがた)

土踏まずの周辺を中心に水ぶくれができます。
痒みをともないます。

角質増殖型

(かくしつぞうしょくがた)

かかとを中心に角質が分厚くなり硬くなります。
皮膚がポロポロ剥がれます。
痛みや痒みがないため、自覚しにくいです。

爪白癬

(つめびゃくせん)

爪に菌が入り込んで、爪の色が白く濁り厚みを増します。
痒みはありません。

 

 

ケアされた足のイメージ

 

水虫は白癬菌によっておこります。
感染のしかたを考えると、白癬菌は単体で存在しているところを踏んでしまうという感じではないようです。
白癬菌は剥がれ落ちた皮膚に付いた状態で存在していて、それが原因で感染するのです。

 

共に生活する方の中に水虫になっている方がいるなら、掃除機を使ってきれいな状態を保ちましょう。
スリッパやバスマットを別にするというのもいいでしょう。

健康な状態の場合、白癬菌が皮膚に付いたとしてもすぐに感染することは考えにくいです。
足を洗うことで白癬菌を取り除くことができます。

また、すでに水虫でお困りの方におすすめなのが、スプレータイプの除菌液「つるりんマスターEX」です。
しみにくく、患部に直接触れずにケアできるので便利です。

 

より確実なのは、専門医で診てもらうことです。
ご自身とご家族に感染しないようにするために、専門医に相談してみましょう。

 

 

湿った靴のイメージ

  • 趾間型の水虫は足を臭くすることがある

足の臭いやすい状態と水虫になりやすい状態には、高温多湿という共通点があります。
日頃から靴を長時間履き続けるなど足を取り巻く環境は過酷です。

 

足のニオイだけでなく痒みなども気になりだしたら、早めの対応をおすすめします。

 

足臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top