足蒸れ・足臭対策【靴下編】

足のピンチは突然に!足蒸れでニオイと足跡が・・・

足汗による足跡のイメージ

 

足にまつわる危機は、ときに突然訪れます。

 

”仕事終わりに同期と一緒にむかったお店がお座敷だとは知らなかった・・・ ”
これと似たようなシチュエーションを経験されたことのある方は意外に多いのではないでしょうか?

 

そんなとき真っ先に気になるのが、靴を脱いだときにモワッと広がる ”足のニオイ ”
目に見えないピンチのあとにつづくのは、床に残る歩いた残像の ”足跡 ”

 

人生のなかからこのような場面を少しでも減らしたいと思ってしまいます。

 

ここではその一助になることを願いつつ、足臭・足蒸れケアをサポートする「靴下」についてご紹介します。

 

足臭・足蒸れ対策としての【インソール】選びについてはこちら

 

 

 

高温多湿のイメージ

 

勉強・運動に励む学生さんやオフィスでお勤めの社会人、立ち仕事が多かったリ、屋外で働かれている方々の足は過酷な状況にさらされています。
多くの方の足は、靴下・ストッキングに覆われていて、さらにその外側には靴があるのです。

 

さらに、足には汗腺が多く存在していて、足の裏からは 1日にコップ 1杯ほどの汗が出るといわれているのです。
ところが足の裏から出る汗はニオイ成分がほとんど含まれていません。
エクリン腺とよばれる汗腺から排出される汗の成分のほとんどが水分だからです。

 

足汗で足が蒸れるというのは簡単に想像できると思います。
足汗は靴下と靴で覆われていて逃げ場がなく、体温などで温められて、高温多湿の状態になるからです。

 

では、なぜ足は臭うのでしょうか?

 

実は足臭には、汗のほかに皮膚の常在菌が関係しています。
皮膚の常在菌が垢や皮脂、角質などを分解して足臭を発生させるのです。

 

皮膚の常在菌にとって高温多湿の環境は、繁殖しやすい状況なのです。

 

足臭ケアには次のようなことが考えられます。

  • 汗を抑える
  • 菌のエサとなる古い角質などを落とす
  • 足環境が高温多湿にならないようにする
  • 菌を殺菌・除菌する

ここでは足臭ケアの一環として靴下選びについてみていきましょう。

 

 

靴下のイメージ

 

足臭を考えて作られている靴下には、いくつかのタイプがあります。

  1. 竹炭が繊維に配合されているタイプ
  2. 銀や銅のイオンのチカラで殺菌するタイプ
  3. ニオイを急速分解消臭するタイプ

このような特徴が靴下の繊維に練りこまれてるものが多いです。
タイプとしては ”殺菌 ”だとしても、靴下のメイン素材が汗を吸収しやすい「綿」で作られていることで吸水性も高くなっている靴下や、メッシュ編みになっていて速乾性の高い靴下などもあります。

 

靴下を選ぶ際には、繊維・生地といった材質だけでなく、「消臭」「吸湿」「殺菌」といった機能面も確認して選ぶのがおすすめです。

 

また、足に合わない靴下を履いていると、それがストレスになって汗がでやすくなることも考えられます。
足にフィットする靴下を選ぶことも大切です。

 

ここで「竹炭」についてご紹介します。

消臭タイプ@として「竹炭」が繊維に配合されている靴下について触れましたが、どのようなメリットがあるのかはお伝えできていませんでした。

 

竹炭には強い抗菌力を持っている「活性ケイ酸」という物質が含まれています。
足臭に関係している菌の繁殖を抑制してくれます。
また、繊維に竹炭が配合されることで、足汗を吸収して外側に放湿する機能も高められます。
ですから竹炭は、抗菌力と蒸れにくさを持った素材であるといえます。

このような靴下には、洗い方などの注意が必要な商品もあります。
例えば、「柔軟剤は使用不可」「塩素系・酸素系漂白剤は使用不可」など。

靴下選びの際の参考にしてください。

 

 

竹炭のイメージ

  • 材質だけでなく、「消臭」「吸湿」「殺菌」といった機能面も考えて靴下を選ぶ
  • 足にフィットするサイズの靴下を選ぶ

靴下選びを工夫することで、足臭・足蒸れのストレスを少しでも軽減しましょう。

 

足臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top