足蒸れ・足臭対策【インソール編】

足臭は大人だけの問題ではありません

臭っている靴のイメージ

 

お子さんの足臭を心配されている親御さんもいらっしゃいます。
足のニオイが原因でイジメられていないかと不安を抱えておられるのです。

 

足臭でお悩みのご本人もさまざまな対策を講じていらっしゃることでしょう。

  • 常に履き替え用の靴下を持ち歩いている
  • 消臭スプレーをカバンに入れている
  • 足ふき用のボディシートを持ち歩いている

本人も自覚しているニオイは、おそらく周囲にも感じている人がいることでしょう。
自分のことをうわさされているのではないかとビクビクして、自信を失いかけてしまいそうです。
足臭の不安が解消されるような対策を模索されていることでしょう。

 

ここでは、足臭・足蒸れ対策として「インソール(靴の中敷き)」についてご紹介します。

 

足臭・足蒸れ対策としての【靴下】選びについてはこちら

 

 

 

足のニオイはどのように発生するのでしょうか?

 

足臭というのは、純粋な足汗のニオイではありません。
そこには皮膚の常在菌が関係しているのです。
菌は皮脂や角質などをエサとしていて、ジメジメした環境で繁殖しやすい特徴を持っています。

 

そして足を取りまく環境は、この菌が繁殖しやすい状況になりやすいのです。

 

足の裏には「エクリン腺」という汗を排出する器官がたくさん存在しています。
足の裏から出る汗は、両足で 1日にコップ 1杯ほどといわれています。
さらに足は靴下やストッキング、さらに靴で覆われています。

 

足から大量に出た汗は靴下や靴などに阻まれて外に出ていきにくく、体温などの影響も加わって、足の環境はどんどん高温・多湿になっていきます。
こうして菌が繁殖しやすい環境が整うのです。

 

高温多湿の状況の中、菌は皮脂や垢、角質などをエサとして増えていきます。
増えすぎた菌が角質などを過剰に分解して「イソ吉草酸」という強烈な臭いを発生させます。

 

このような悪循環を止めるには、次のような対策が考えられます。

  • 足汗を抑える
  • 菌のエサとなる皮脂汚れや角質のケア
  • 足汗がこもりにくい靴下や靴、インソールを選ぶ
  • 菌を殺菌・除菌する

ここでは足臭ケアの一環としてインソールについてみていきます。

 

 

竹炭のイメージ

 

足臭ケアに着目した靴のインソール(中敷き)選びのポイントは 3つあります。

  • 吸湿
  • 抗菌
  • 消臭

インソールには足への負担や疲労を軽減するといった役割もあり、さまざまなインソールが販売されています。
ですが、足臭や足の蒸れを軽減するには「吸湿」「抗菌」「消臭」をメインに選ばれるのが賢明です。

 

銀や炭を配合したインソールは、吸湿や抗菌、消臭を意識している製品といえるでしょう。
銀や炭の消臭効果が優れていることは、デオドラント製品や冷蔵庫の脱臭剤などでも知られています。

 

「炭」に着目する場合、注意したいのが「活性炭」です。
インソールに「活性炭」が配合されている製品はいくつもあります。

ところが活性炭の場合、湿気や雑菌のエサになる汚れを吸着していくうちに効果が薄れてしまう傾向があるのです。
炭表面にある細かい孔がふさがってしまうのです。
これでは、足臭を持続的にケアしていくことが難しくなります。

しかし「竹炭」には、湿気や雑菌のエサになる汚れなどを吸着しても、日干しすると放出する特性があります。
足臭ケアとして繰り返し使用できるのです。
竹炭と活性炭の違いは抗菌力にもあらわれます。
竹炭には「活性ケイ酸」という強い抗菌力をもつ物質が含まれているのです。

「炭」に着目してインソールをお選びになる際の参考にしていただければと思います。

 

 

足臭から解放されたイメージ

  • インソール選びは「吸湿・抗菌・消臭」効果がポイント

インソールも足臭ケアの大切なアイテムです。
あなたの足臭ケアに、納得のいくインソールをお選びください。

 

足臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top