足の臭いを重曹で消すことができる!?

足の臭いを身近なものでケアしよう!

重曹のイメージ

 

強烈な足の臭いの原因物質の名称をご存知ですか?
それは「イソ吉草酸」と呼ばれています。

 

外出先において、足は手と違って洗面所で気軽に洗うことができません。
足は長時間にわたって靴下や靴で覆われていて、汗をかいて蒸れた状態になっていきます。
足汗、皮脂、角質などをエサとしている皮膚常在菌にとって、高温多湿の状態は繁殖しやすい環境なのです。
そして、増えすぎた皮膚常在菌によって皮脂や角質などが過剰に分解されることでニオイが発するのです。
そのニオイのもとが「イソ吉草酸」なのです。

 

ここでは「イソ吉草酸」の臭いを消す方法についてご紹介します。

 

 

 

 

足が臭うイメージ

「イソ吉草酸」は、過剰に増えすぎた皮膚の常在菌が皮脂や角質を分解することで作り出される脂肪酸の一種で、弱酸性の性質があります。
このニオイは納豆やブルーチーズなどに例えられ、強烈なムッとする臭いです。
イソ吉草酸という物質は悪臭防止法において「特定悪臭物質」に定められています。
それほど不快な臭いであるといえます。

 

足の臭いがイソ吉草酸によるものである場合、普通な感じで石けんで洗い流すのは難しいかもしれません。

 

イソ吉草酸の発生の仕方を考えると、足汗や皮脂、角質(かかと)、足の蒸れなどが関係していることがわかります。
ですから、イソ吉草酸の発生を抑制するには、足汗を抑制したり、足を蒸れにくくする工夫をしたり、余分な角質を落とすなどの対策が考えられます。

 

 

足湯のイメージ

イソ吉草酸の発生を抑制する対策とともに重要なのが、すでに臭ってしまっているニオイをどのようにケアするのかということです。

 

ここではその方法のひとつとして「重曹」を使ったケアをご紹介します。

 

どうして重曹なの?

 

と思われた方もいらっしゃると思います。

 

重曹を使用するのは、イソ吉草酸が弱酸性の特性を持っていることが関係しています。
イソ吉草酸が弱酸性なのに対して、重曹は弱アルカリ性の特性をもっているのです。
そうです、弱酸性を弱アルカリ性で中和するのです。
なんだか理科(化学)の授業を思い出しますね。

 

その方法は、重曹を用いた足湯です。
ほどよい温度のお湯を洗面器に入れて、重曹をスプーン 1杯ほど入れて溶かします。
20〜30分くらい足湯をすることで、イソ吉草酸のニオイが消えるのです。

手軽にできて、それほど費用もかからないので、毎日の日課にされてもいいと思います。

 

 

中和作用のイメージ

  • 弱アルカリ性の重曹で、弱酸性のイソ吉草酸の臭いを消す

いろいろなテレビ番組でも重曹を使ったアイデア家事が紹介されているので、すでに重曹があるというご家庭も多いのではないでしょうか。

 

気になる足の臭いを身近なアイテムを利用してケアしてみましょう。

 

足臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top