足臭ケア・ミョウバン水の作り方

ミョウバン水をご自宅で作ってみませんか?

ミョウバン水

 

ミョウバンといえば、漬物や煮物の灰汁抜きをイメージされる方が多いと思います。
足の臭いをケアするためにミョウバンを利用するとは意外に感じるかもしれません。

 

ミョウバンには殺菌効果があるため雑菌の繁殖を抑制し、その結果が消臭効果が得られます。
そのほかに、汗を抑える効果や肌を引き締める効果も期待できます。

 

ミョウバン水をつくるときには、食品添加物として売られている「焼ミョウバン」を使います。
スプレーボトルで水に溶かし使用することで、足だけでなく靴の内側に吹きかけることもできて便利です。

 

では、ミョウバン水の作り方をみていきましょう。

 

 

 

 

ミョウバン水の材料

 

ミョウバン水はリーズナブルで簡単に作れます。

 

ご用意いただくのは次の通りです。

  • 焼ミョウバン 0.3グラム
  • 計量器(0.1グラム単位で計れるもの)
  • スプレーボトル(内容量 100mL)
  • 水道水 100mL

今回ご紹介する作り方では、「硫酸アルミニウムカリウム(乾燥)」を使用しています。
購入金額は 420円でした。
もっとリーズナブルなものもあると思います。

 

一般的には、50グラムのミョウバンを 1.5リットルの水道水に溶かして原液をつくります。
実際にスプレーとして使用する際には、ミョウバン水の原液を 10〜30倍に薄めて使います。

 

次にご紹介するのは、はじめから原液を 10倍程度薄めたミョウバン水です。
完成後はそのまま利用できます。

 

 

 

@計量器で焼ミョウバンを 0.3グラム計ります。

焼ミョウバン0.3グラム

 

Aスプレーボトルに 0.3グラムの焼ミョウバンを入れます。

焼ミョウバン0.3グラムをスプレーボトルに入れる

 

B水道水 100ミリリットルをスプレーボトルに入れます。

100mLの水

 

水100mLをスプレーボトルに入れる

 

C水に焼ミョウバンが溶けるようにスプレーボトルをよく振ります。

スプレーボトルをよく振ります

 

Dこの状態では白く濁った状態になりますが、2〜3日間日の当たらないところに保管します。

作った直後のミョウバン水

 

E透明になったら「ミョウバン水」の完成です。この画像は丸 1日経過した状態です。2日までかかりませんでした。

ミョウバン水完成

 

F手や靴の中に吹きかけてみたところです。

ミョウバン水を手に吹きかける

 

ミョウバン水を靴に吹きかける

 

ミョウバン水は透明で無臭です。
肌に吹きかけても刺激は感じませんでした。

色の濃いモノに吹きかけると、白く跡が残る場合があります。
靴の表面や衣類にはご注意ください。

使用期間は 1週間程度です。
ミョウバン水の原液の場合は、1ヶ月程度です。
ともに冷暗所か冷蔵庫に保管しましょう。

 

ミョウバン水を作ってみましょう

  • ミョウバン水はリーズナブルに作ることのできる足臭ケアアイテム

ミョウバン水を小さなスプレーボトルで作ることで、完成後にはすぐに使えるので便利です。
暑い季節なら冷蔵庫で冷やしておくと、肌にスプレーした際に気持ちがいいです。

 

ここではミョウバン水を足の臭いケアアイテムとしてご紹介しましたが、ワキにも使用できます。

 

焼ミョウバンの取り扱い上の注意については、パッケージなどでご確認ください。

 

足臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top