歯周病と虫歯による口臭

歯周病とは

口臭で悩む少女

 

”歯周病 ”という言葉はテレビCMなどでもよく耳にしていることと思います。
では、歯周病とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

歯周病とはお口の中の問題で、おもに歯と歯肉、そして菌が関係しています。
食べ物を食べたあとにお口のなかを清掃しないでおくと、歯と歯肉の間にたくさんの細菌が溜まって歯垢ができます。
その後、歯肉は炎症を起こし赤みをおびたり、腫れたりします。
この状態が悪化すると、歯と歯肉の間(歯周ポケット)が徐々に深くなっていきます。
そしてゆくゆくは歯を支えている骨が溶けて、歯のぐらつきが生じ、抜歯することになりかねないのです。
歯周病は、細菌によって生じる炎症性の疾患です。

 

歯周病の恐ろしい点は、痛みがほとんどないので自覚しにくいところです。

 

さらに、次のようなことも歯周病が悪化していく要因になります。

  • 歯ぎしり、強くかみしめる行為
  • 不規則な食習慣・肥満
  • 喫煙
  • かぶせものや義歯が合っていない
  • ストレス
  • ホルモンバランスの異常
  • 骨粗しょう症
  • 糖尿病

 

 

 

 

歯周病や虫歯が口臭につながる理由

歯周病が原因の口臭のイメージ

 

歯周病や虫歯はどのように口臭に関係しているのでしょうか?

 

歯周病から見ていきましょう。
前述の通り、歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなっていきます。
その結果、お口の中の菌が増殖しやすくなります。
この状態がさらに継続されると歯ぐきから出血しやすくなり、歯と歯茎の間のタンパク質などが菌に分解されて、口臭を発生させることになるのです。

 

一方、虫歯については、悪化していくと歯に穴が生じてきます。
そしてその内部でも、菌が増殖しやすくなっているのです。
ここでもタンパク質などの栄養成分が菌に分解されることで悪臭を放つようになります。

 

歯周病や虫歯が原因で生じる口臭の臭気物質としては、「アンモニア」「メチルメルカプタン」「硫化水素」などがあります。
これらがおもに口臭となって表れてくるのです。

 

 

口臭予防として歯周病のチェックしよう

歯科医院の治療台

 

もしも次のような症状が複数あるようでしたら、歯科医院での治療をおすすめします。

  • 起床時に口の中がねばつく
  • 歯ブラシで歯茎をこすると血が出る
  • 歯口が赤くはれている(たるんでいる感じがする)
  • 歯茎に痛みを感じたり、ムズムズする
  • 硬い食べ物が食べにくいと感じる
  • 以前より歯が長くなった感じがする
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなったと感じる
  • 口臭が気になる

このほかにも、未治療の虫歯があるようでしたら放っておくのは危険です。
何もしないで改善されることはまずありません。
歯医者さんでの治療や正しい歯磨きなどの指導を受けるなどして、歯と歯茎を大事にしていきましょう。

 

そして、歯周病や虫歯が原因の口臭ともお別れしましょう。

 

 

まとめ

歯周病をケアして口臭を防ぐイメージ

  • 歯周病、虫歯も口臭の原因になり得る

日頃の食後の歯磨きで、歯石のもとになる歯垢をキレイに落として、歯周病や虫歯を予防しましょう。
その努力は口臭予防にもつながっていきます。

 

 

口臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top