口臭と唾液の関係とは?おすすめは梅干し!

寝起きの口は乾燥状態!?

口臭を気にする男性のイメージ

 

朝起きたときにお口のなかが乾燥していませんか?

 

それとともに、お口の臭いも気になることがあるかもしれません。

 

これはある程度仕方のないことです。
通常、寝ている間は唾液の分泌量が少なくなるからです。
唾液の分泌が減ることで、口の中の雑菌も増殖しやすくなっているので、口臭が強まりやすいのです。

 

ここでは、唾液と口臭の関係についてみていきます。
唾液が果たしてくれている役割を知ることで、口臭予防につながることでしょう。

 

 

 

 

お口のなかでの唾液の役割とは?

唾液で口のなかをキレイにするイメージ

 

お口の中の雑菌の増殖を抑えてくれている存在・・・

 

それが ”唾液 ”です。

 

唾液には口腔内の雑菌の増殖を抑える殺菌力があります。
口臭の発生にはお口の中の菌が関係していますから、唾液は雑菌の繁殖を抑制することで口臭をおこりにくくしてくれているといえます。
唾液には「リゾチーム」という酵素が含まれています。
このリゾチームが細菌の細胞壁を破壊してくれるのです。

 

唾液によって破壊されなかった細菌はどうなるかといえば、唾液とともに飲み込まれて胃の中の酸によってほとんど死滅してしまうのです。

 

ですから、お口の中に適度な唾液があって、飲みこまれて、また分泌されるというサイクルは口腔内を清浄に保つうえで重要です。
これによって、口臭も抑制されることになります。

 

 

唾液の分泌量が減るのはどんなとき?

唾液の分泌を促す梅干し

 

お口の中の唾液の分泌量が減ることで雑菌が増殖しやすくなり、その結果、口臭が強まるおそれがあることはわかりました。

 

では、どのようなときに唾液の分泌量は減るのでしょうか?

 

ひとつはこのページの最初にお伝えした「朝起きたとき」です。
寝ている間に口で呼吸をしていると、さらに口腔内の乾燥がひどくなります。

 

そのほかの唾液の分泌が少なくなるケースとしては、次のようなものがあります。

  • お腹がすいているとき
  • ストレスで緊張しているとき

唾液の分泌を促して口臭予防につながる対策としては、「ガムをかむ」とか「梅干しをかじる」といったことが考えられます。
酸っぱいものを頭の中でイメージしただけでも、唾液が分泌されてきそうですね。

 

ちなみに「梅干し」にはクエン酸が含まれているので、お口の中の雑菌の繁殖を抑えてくれるだけでなく、酸味が唾液の分泌を促してくれますよ。
可能であれば、お仕事や授業の合間に ”ちょっとひと口 ”というのもいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

唾液の分泌を促すガム

  • 唾液には殺菌作用がある
  • 唾液は口の中の雑菌繁殖を抑制している
  • 梅干しは唾液の分泌を促し、口臭予防にもよい

お口の中は唾液による自浄作用で、菌が増えすぎないように保たれています。
その働きによって口臭の予防にもつながっています。

 

ガムなどを上手に活用して、口臭予防に活かしましょう!

 

 

口臭対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top