ワキガだとスソワキガ(デリケートゾーン)なのか?

アポクリン汗腺が臭うのはワキとデリケートゾーンだけ?

スソワキガで悩むイメージ

 

ワキガだとスソワキガの可能性は高くなります。

 

その理由についてご紹介する前に、ワキガ臭がするの可能性のある部位についてみてみましょう。

 

ワキガの原因には脇の下に存在している「アポクリン汗腺から出る汗」が大きくかかわっています。
アポクリン汗腺から出る汗が皮膚の常在菌によって分解されることでワキガ臭を発し、皮脂やエクリン汗腺からの汗と混じることでニオイを強め・広がります。

 

アポクリン汗腺は脇の下以外にも存在しているのです。
●耳の外耳道
●おへその周辺
●乳首
●デリケートゾーン

 

デリケートゾーンから発生られるワキガ臭のことを「スソワキガ」「スソガ」と呼びます。
ちなみに乳首の場合は「チチガ」「乳輪ワキガ」です。

 

 

ワキガとスソワキガの気になる関係とは!?

ワキガのイメージ

スソワキガとは、デリケートゾーンかワキガのようなニオイがする体質のことです。
スソワキガについては、本人が自覚しにくい場合が多いと言われています。
その理由としては、人はいつも嗅いでいるニオイに慣れるという性質が関係しています。
ほかにも女性であれば、おりものの臭いや生理臭だと思われている場合もあるようです。
さらに、場所が場所だけに他人から指摘されるということもあまりないでしょうから、本人が自覚しにくくなっているのでしょう。

 

では、ワキガの人は必ずスソワキガなのでしょうか?

 

100%とは言い切ることができませんが、可能性は高いといえます。
脇の下もデリケートゾーンもアポクリン汗腺が分布している部位です。
ワキガ臭が発生するのには、活動しているアポクリン汗腺の数だけでなくサイズなども関係してきます。
とはいえ、ワキガ体質で脇が臭っている方は、脇の下以外のアポクリン汗腺の活動も活発である可能性が高いと考えられるます。
ですから、ワキガを自覚されたら、脇の下だけでなく乳首やデリケートゾーン、おへその周辺も警戒された方が無難です。

 

 

スソワキガの改善&ケア方法

ワキガ・スソワキガで悩むイメージ

 

スソワキガは、陰部そのものが臭っているわけではありません。
陰部周辺の陰毛の生えている部分からアポクリン汗が出て菌に分解されて臭うのです。

 

スソワキガのケアとしては、クリニックでの治療も選択肢として考えられます。
●デリケートゾーンのアポクリン汗腺を除去する手術
●切らずにアポクリン汗腺を破壊する方法
●汗の量を抑制する注射
etc...

 

ご自宅でケアされる場合、デリケートゾーンの陰毛を短くすることで、ある程度ニオイを軽減できる可能性があります。
陰毛が直接臭うわけではありませんが、陰毛にアポクリン汗が絡まり・残ることで臭いやすくなるのを防ぐのです。

 

さらに、バスタイムに石けんで洗うのはよいのですが、ゴシゴシ洗いはNGです。
皮膚の善玉菌が少なくなりすぎて悪玉菌が繁殖することで別のニオイが発生しないようにするためです。
デリケートゾーン専用の石けんも販売されています。

 

デリケートゾーン専用石けんとデオドラントクリームの併用もいいでしょう。

 

ご自宅でのケアポイントは、「清潔にする」「汗を抑える」「菌の繁殖を抑制する」ことです。

 

 

まとめ

手術のイメージ

  • ワキガ体質の人はスソワキガの可能性が高い

カラダのニオイの問題はとってもデリケートです。
さらにスソワキガは場所が場所だけに、人に相談するにもクリニックで治療を受けるにも恥ずかしさが大きく影響します。

 

あきらめずにご自身の納得できるケア方法をみつけましょう。

 

 

ワキガ対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top