ワキガとアポタンパクとリンゴ?

身近なものでワキガを抑制できる可能性があります

リンゴのイメージ

 

ワキガの臭いを何とかしたい!

 

ワキガのお悩みはデリケートな問題です。
ワキガは決して不潔だから臭うというものではなく、体質に大きく影響されるものです。

 

ワキガ臭を少しでも抑えるために、制汗剤や殺菌作用のあるデオドラント製品を使用しようとされている方もいらっしゃることでしょう。
あるいは脇毛の脱毛やアポクリン汗腺を除去する手術を考えていらっしゃる方もいると思います。

 

クリニック等で行われる脱毛・手術・注射といった施術には、費用とリスクの不安が伴います。
それでもワキガ臭を克服できるのであればという強い願いと期待をこめて決断されることでしょう。

 

このような対策と比べてどれほどの効果が期待できるのかまでは不明な点もありますが、もしも、身近にあるものでワキガ臭を抑制できるとしたらどのように思われますか?
ここでは、身近なもの(リンゴ)を使ったご自宅でできるワキガ対策についてご紹介します。

 

 

 

 

アポタンパクとは?

ワキガのイメージ

 

近年のワキガに対する研究によって、ワキガ臭には「アポタンパク」という物質が関係していることがわかってきました。
「アポタンパク」とは、身体のなかの脂質の代謝と関係しているタンパク質の一種です。
この「アポタンパク」の生成を抑えることができれば、ワキガ臭を防ぐことができるというのです。

 

すでにワキガ臭の発生のしくみとして、アポクリン汗腺からでる汗が皮膚の常在菌によって分解されることで強い臭いを発するようになることがわかっています。
さらに皮脂と混ざることによって臭いが強まることもわかっています。

 

このことから対策として、アポクリン汗腺を除去する手術であるとか、脇の下の菌を抑制するデオドラント剤や制汗剤の使用といったことが考えられてきました。

 

では、「アポタンパク」がワキガ臭に関係していると判明したことがどのような対策につながるのでしょうか?
近い将来、新しい発想のワキガ対策として、「アポタンパク」を抑制する施術や製品等が開発されるかもしれません。

 

しかし今回ご紹介するのは、非常に身近な食べ物を用いた対策です。
その身近なものというのが「りんご」なのです。
リンゴの繊維質には、「アポタンパク」を減らす効果があります。
リンゴをすりおろして湿布を作り脇に当てます。
少し意外な感じがしますよね。

 

次に、リンゴを用いた湿布の作り方と使用方法をご紹介します。

 

 

リンゴを用いたアポタンパクの抑制法

すりおろしリンゴのイメージ

 

ここでご紹介する「リンゴを用いた湿布」は、5分間ほど脇に挟んで使用します。
その後は洗い流したりしない方がよいので、就寝前に実施するのがよいかもしれません。

 

また、リンゴは酸化して傷みやすく保存が難しいので、使用する都度、必要な分量をすりおろしてください。

 

用意するもの

  1. リンゴ 1個
  2. ガーゼ
  3. ハンカチ等の布
  4. おろし金
  5. ボールなどの容器

 

リンゴを用いた湿布の作り方

  1. リンゴ 1個分をすりおろします。
  2. ガーゼを用いてすりおろしたリンゴを搾ります。
  3. 搾りかすをハンカチ等の布で包んで湿布の完成です。

 

 

まとめ

ワキガのイメージ

  • ワキガ対策としてリンゴを用いた湿布で「アポタンパク」を抑制する方法がある

リンゴの繊維は「アポタンパク」の抑制だけでなく動脈硬化にもよい効果があります。
動脈硬化は加齢臭にも関係しています。
これを機会に、身近な食物を見直してみるのもいいかの知れませんね。

 

 

ワキガ対策アイテムはコチラ

 

サイトTOPページに戻る

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top